本文へ移動

《出口日出麿》

信仰覚書 第5巻

出口日出麿 著

信仰覚書 第5巻

商品番号:9784887560253
定価1,540円(税込)
 
B6判・上製本
234頁
目次

第1章

  • 自己完成に努めよ
  • 善言美詞を盛んに
  • 目をあげて天を仰げ
  • 我執、我欲なく
  • 小心の人ほど残酷
  • 天国建設の要訣
  • 阿諛諂侫の世
  • 下級者の宿命は分かる
  • 無限と永遠性が神性
  • 肉体に宿る霊魂の量
  • 本霊と守護神
  • 物質は従物にすぎぬ
  • 正守護神と和合した人
  • 過悪をくり返さぬこと
  • 思考の根源は霊界
  • 至公至平に吾を視、人を視よ
  • 現界の万事は霊界の表象
  • 修業は現界にいる間に
  • 人生の妙味は独創性にあり
  • 言霊が霊性を表わす
  • 自殺も神界からの黙許
  • おもしろきかな天地

第2章

  • 霊界で通用せぬ“合理的”
  • 時空による制限の利点
  • 内分のままに働け
  • とけ合える魂と魂
  • 霊は相手に応じて
  • 模型に執着するは愚
  • 悲劇を作るもの
  • “われ”とは何か
  • 無邪気になれ
  • 化身
  • 地獄の和合は容易ならず
  • 四百四病みな霊的
  • 霊眼者に迷うな
  • 日常行為と実行の心得
  • 安心立命の秘訣
  • 悟りなければ永久に闇
  • 最後の勝利者
  • 諸動物の性情
  • 虎狼も言むけて
  • 想念につねに神を
  • 世の中というもの
  • 第一義の生活
  • いっかど分かったつもりで
  • 霊から体へ
  • 使命は果さねばならぬ
  • 現界と幽界の関係
  • より高級ということ
  • 内界だけの外界
  • 和光同塵は廃された
  • 天国、霊国、地国

第3章

  • 悟りは自主的発奮から
  • 現れている霊相応に
  • 修業の心得
  • 人体は降昇する客人の宿
  • 副守護神
  • ご用は現界的執着をとつて
  • 一番の難物
  • わが道を行け
  • 小人の交わりと君子の交わり
  • 他力即自力の真諦
  • 幽界の業は苦しい
  • 魂の込めよう一つ
  • 神罰は階級に応じて
  • 結婚について
  • 万事が有難く結構
  • 絶えず自己を見つめて
  • 他人を通しての自己愛
  • 守護神の声に従え
  • 憑依霊に打ち勝て
  • 主観は霊界に属す
  • 現界を修理固成するには
  • 身魂の因縁を詮索するな
  • 地的精霊の馴化
  • 不幸な結婚
  • “元の神世に復れ”とは
  • 真にえらい人
  • 邪気があるから迷う
  • 霊的段階を登るには

第4章

  • 地獄霊の特質
  • 感情と理智について
  • 宝座は各人の心に
  • 外的力で魂を左右できぬ
  • おがむ心
  • 創造の興味
  • あけ放した心
  • 体験が浅い人ほど単純
  • 神と共にある人
  • 現界の存在理由
  • ゆうゆうと百年の計を
  • コンマ以下
  • 現界は瞬間、霊界は永久
  • 実地に呼吸を飲み込め
  • 流れる水のごとく
  • 一々に干渉するな
  • 瞬間瞬間を内省せよ
  • 悪魔は心の悩みにつけ入る
  • 憑霊の常套手段
  • いぶかしき吾よ
  • 仕事は歓喜と感謝で
  • 体内の毒
  • 苦楽は内にある
  • 内流の受け入れ方
  • 信行一致
  • 絶対神と分担神
  • 進歩向上の階段
  • 霊と肉の真剣勝負
  • 神様にお任せするということ
  • 不平不満があってはならぬ
  • ただみ心のままに
  • 修業中は理知的に

あとがき

第6刷のあとがき

2020年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
株式会社 天声社
〒621-0815
京都府亀岡市古世町北古世82-3
 
書籍・神祭具・茶道具等の販売
◆亀岡本店◆
営業時間:9:00~18:00
(水曜日定休)
TEL.0771-24-7523
FAX.0771-25-3655
 
◆綾部出張所◆
営業時間:
(通常)9:00~17:00
(水曜)11:30~14:30
TEL:0773-43-4370
FAX:0773-43-4370
 
印刷・出版
営業時間
8:30~12:00・13:00~17:00
TEL.0771-23-1444
FAX.0771-23-1491
TOPへ戻る