本文へ移動

《出口日出麿》

信仰覚書 第7巻

出口日出麿 著

信仰覚書 第7巻

商品番号:9784887560277
定価1,540円(税込)
 
B6判・上製本
263頁
目次

第1章

  • 一時に一事を一心に
  • 時さへ経てば
  • 不公平が公平
  • 名論より徳
  • まず親しむこと
  • 毎日が初舞台
  • 複雑にして統一
  • 万事は“人”
  • 神とは何ぞや
  • 父となりて
  • 光は電球の大小による
  • 世を渡り尽した人
  • 心の領域を耕せ
  • 汚い現界の扱い方
  • 女系制度の特点
  • 悪平等観と悪階級観
  • 大本信仰形式上の三段
  • 宣伝講演の三つの場合
  • 宣教上の心得
  • 一つの魂、一つの世界
  • 人間の価値
  • 心の奥に常に好意を
  • 感恩の人は世に出る
  • 実行第一、神第一
  • 目的は報酬ではない
  • のりとをあげる時
  • 悪因縁を作らぬよう
  • 左と右
  • 想念の清濁
  • 神さまと直接談判

第2章

  • 積善の功徳
  • めぐりさえ取れば
  • 子を思う親の愛で
  • 額と腹とみぞおち
  • 新暦と旧暦
  • 真の財産
  • 自己に負けている人
  • 祭祀の必要
  • 居は気を移す
  • 超論理的なるもの
  • 形や背景に囚われるな
  • 宗教の三区別
  • 信用が大切
  • 善因の種をまけ
  • 私欲をすて神意を知れ
  • 一切はわがもの
  • 真に人を得ること
  • 信仰、信愛、信任
  • 不幸は禁物
  • 大本とキリスト教
  • 尺度を正確に
  • 真神の教は万古不易
  • まず神意の感得者に
  • 夫婦間の真の愛情
  • 大本の主なる特徴
  • 神と愛とを基盤に
  • 川筋がなくては流れぬ
  • 集霊
  • 弱霊の復仇の仕方
  • しきれぬ修業

第3章

  • 信神は大欲なり
  • 再び天使との対話
  • 祈りと実行
  • 神霊の内陣に迫るもの
  • 信仰の目標
  • 神さまに恩をきせる
  • 真実の宗教
  • 天国は秩序の国
  • 腹の生活
  • 内的永遠性
  • 物事の判断の仕方
  • 初参綾の思い出
  • 一家の中心
  • みなもとの浄化
  • 宣伝の四段階
  • 信仰の発展的階段
  • その日その時の気分
  • あいうえお道句
  • いろは道句
  • 気分の変移
  • ご神徳になれすぎる
  • 神柱なきは烏合の衆
  • 内的闘争に勝つこと
  • 眷属界
  • ただ有難く働け
  • いろは聖句
  • 奉仕は熱と誠で
  • 人意も神意なり

第4章

  • 現代宗教界行き詰まりの原因
  • 玉、鏡、剣
  • 大本
  • 人型行事
  • 更正の賦
  • 身勝手な奉仕者
  • 私の道楽
  • 勘定の整理と吟味
  • 俺を打て!
  • 周囲から寄せる波
  • 修業の四階段
  • 夫婦の問題
  • 四種の道
  • 天授の唯一のもの
  • 私は神を信ずる
  • 世に難きこと
  • 生まれたことが神慮
  • 心に隙を作る境遇
  • 病気にさす邪悪霊
  • 人のために尽さぬ霊魂
  • 大本神諭の権威
  • 真の楽天
  • 変わりやすい気分
  • お邪魔者・お世話者
  • 浅い理智では分からぬ
  • 吾とわが真価を知れ
  • バックなしに光る人
  • 安逸は霊魂の不幸
  • 悩み持つ守護神
  • 祝詞をあげる時
  • 対象と思念者
  • 血液と睡眠・死
  • 永遠と瞬間の岐れ目
  • 稽古と手習い
  • 身魂磨きと神業奉仕
  • 教えの味のつけ方
  • 元へもどる

あとがき

第5刷のあとがき

2020年8月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
株式会社 天声社
〒621-0815
京都府亀岡市古世町北古世82-3
 
書籍・神祭具・茶道具等の販売
◆亀岡本店◆
営業時間:9:00~18:00
(水曜日定休)
TEL.0771-24-7523
FAX.0771-25-3655
 
◆綾部出張所◆
営業時間:
(通常)9:00~17:00
(水曜)11:30~14:30
TEL:0773-43-4370
FAX:0773-43-4370
 
印刷・出版
営業時間
8:30~12:00・13:00~17:00
TEL.0771-23-1444
FAX.0771-23-1491
TOPへ戻る